スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cool Side

最近HFI-780を買って分かったことがある
W1000の明るさとボーカルの艶っぽさ、高音の煌めいた鮮やかな響きが好きだ
HFI-780の低音の硬くて締まった冷たい音が好きだ
この二つを合わせれば俺好みのヘッドホンが産まれる!


なんという同士ww
W1000みたいな高音は他にはないからな~
ギスギスしたり線が細い高域よりは、柔らかい低域の方が良好。


ソースに合わせてサンプリングレート切り替えると、16Bitに変更されるから、毎回24Bit選択しないといけないとか面倒。
20100404_01.png
ショートカット的な意味として、Audio Deck側でBitも選択できるようにして欲しい。

16bit音源なら、16bitのままか 32bit(float)。
音源:16bit→ソフト処理:32bit(int)→ドライバ:24bitが最悪のパターン。


450x450でアルバムジャケットを表示可能フェイス (Folder.jpg)
20100404_02.png
アナライザー3種類変えられる点は良いが、アルバム名とボリューム%表示ぐらいは欲しかった。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

Shira

Author:Shira
3770K CPU
560Ti GPU
RDT234WX 横液晶
U2713HM 縦液晶
DAC-1000 DAC
MSA-1S HPA
TH900 密閉型
HD800 開放型
NW-A867 DAP
MDR-EX1000 ダイナミックイヤホン
ATH-CKS1000 ドンシャリ用
GX-500HD アクティブスピーカー
SL-A251 サブウーファー
SH-06E スマートフォン ネット専用
N-01E 携帯電話 通話専用

Shira @ShiraBlog Twitter

ニコニコ動画 マイリスト

検索フォーム

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QR

全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。