スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AH-D7000 ATH-W1000 T1 HD800

>ハイブリッドCDで、SACDとCD層(音源)の聴き比べってしたことある?一発で違いが分かるほど音質の差ある?
比べたことあるけど、再生環境によると思う。正直HP-RX500とかでは聴き分ける自信はない。
edition7とかHD800を使って違いが分かりやすい箇所を聴いたり、長時間聴いたりすれば、まぁそれなりには。

>AH-D7000 ATH-W1000がお気に入りで、HFI-680は合わなかった。次はT1かHD800だろうか?
それだけじゃ何とも。聴く音楽にもよるし。
HFI-680の締まりが気に入らなかったならHD800よりT1の方が良いとは思う。



打ち込み電子音聴くにしても、あまり低音が締まりすぎていたり、音の線が細すぎるのは好みじゃないってことが分かった。

万能でコストパフォーマンスが非常に高いアルバナライブが、唯一の欠点である、音の厚みや切れが足りない。
そこで、AH-D7000とATH-W1000の使い分けという、自分なりの答えが出たのさ。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

Shira

Author:Shira
3770K CPU
560Ti GPU
RDT234WX 横液晶
U2713HM 縦液晶
DAC-1000 DAC
MSA-1S HPA
TH900 密閉型
HD800 開放型
NW-A867 DAP
MDR-EX1000 ダイナミックイヤホン
ATH-CKS1000 ドンシャリ用
GX-500HD アクティブスピーカー
SL-A251 サブウーファー
SH-06E スマートフォン ネット専用
N-01E 携帯電話 通話専用

Shira @ShiraBlog Twitter

ニコニコ動画 マイリスト

検索フォーム

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QR

全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。