スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DAC-1000 レビュー

DAC-1000 レビュー

購入しちゃいました。DAC-1000 54000円で買いました。
P1000397.jpg
とてもしっかりとした作りで高級感を感じます。

サイズ的にもアンプの上にDADを置く(重ねる)ことにしました。
P1000399.jpg

SE-200PCI LTD AudioDeckの設定
20120307_03.png
最新ドライバで、RCA(アナログ)とS/PDIF(光デジタル)同時出力です。
オンボードサウンドはBIOSで無効で、ドライバすらインストールしてません。

再生プレーヤーuLilithの設定
20120307_01.png
WASAPI(ASIO同様) 64bit浮動小数点処理 32bit(int) 出力です。
20120307_02.png

環境は、新築3ヶ月の一軒家(借金一切なし) Windows7 Professional SP1
SE-200PCI LTD RCA出力→MSA-1S
SE-200PCI LTD S/PDIF出力→DAC-1000→XLR接続→MSA-1S(アンプ側で入力切替可能)
ヘッドホンは、密閉型で一番のお気に入りの万能なAH-D7000
P1000401.jpg
接続するとこんな感じです

再生音源は、録音が非常に良いことで有名なCD「Pure -AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICS-」など。
P1000403.jpg

まず、最初に感じることはゲイン+6上げた程度に音量が上がったように感じます。
私はゲイン+0に設定してもらうほどでして、ドンシャリになって歪みを感じゲイン+も-も嫌いです。
本当は、ゲインと同じと思うのは大間違い。

単純に、解像度・分解能が向上しました。
低音は、より深く沈みこむのにメロディーが聞き取りやすくなりました。
中音は、ヴォーカルの透明感や艶っぽさが維持できながらも明瞭になりました。
高音は、金属的で芯が通っており、伸びがよくなりました。
まるでマウスのレポートレート1000に設定みたいに音の拾う回数が増えて、音の立ち上がりやキレが良く、更に残響音の最後のまでしっかり聴かせてくれるようになりました。

ギターで音がごっちゃな曲も改善しました。
見事に主張しているのに邪魔してません。

DAC-1000はアンプ機能がなくDACのみですが、8万円ぐらいでも妥当な音質と性能だと思います。
10万円のHD-1L RK27ボリューム搭載から、20万円のMSA-1S RK50ボリューム搭載なみの感動はあります!
親には聞こえないような超小音量の、アンプ音量最大で聞こえるツイッターのスクロールノイズもデジタル出力にしたことにより完全に消えました。
SE-200PCI LTDのアナログ出力自体、ノイズ対策していてオンボートとは雲泥の差ですけど、SN比115dBから116dBへ1だけの違いは大きいと言えます。

自作PCとDAC-1000 MSA-1S AH-D7000 理想の構成だと思います♪
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

Shira

Author:Shira
3770K CPU
560Ti GPU
RDT234WX 横液晶
U2713HM 縦液晶
DAC-1000 DAC
MSA-1S HPA
TH900 密閉型
HD800 開放型
NW-A867 DAP
MDR-EX1000 ダイナミックイヤホン
ATH-CKS1000 ドンシャリ用
GX-500HD アクティブスピーカー
SL-A251 サブウーファー
SH-06E スマートフォン ネット専用
N-01E 携帯電話 通話専用

Shira @ShiraBlog Twitter

ニコニコ動画 マイリスト

検索フォーム

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QR

全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。