スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATH-W1000 レビュー

2002年発売と古めのヘッドホンですが…
2009031703.jpg
自分の環境(部屋)で聴くと、同じ曲でも新鮮な物です。

Pure -AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICS- をCDから2回だけ再生。

第一印象は、密閉型ヘッドホンなのに篭り感が感じられないほど音が澄んでいる。
バイオリンはもう少し力強さがあれば良かった。
ピアノは、アクセント部分でも全く痛くないし、綺麗。

静かな部屋で聴くにしても、重・低音不足は感じるなぁ。


T-SQUAREで上手いと思ったのは、GIANT SIDE STEPSとTAKARAJIMA辺りかな。
ピアノパート終わった後のギターパートの初めは絶対AH-D5000だけど、段々と加速していって高音部分に差し掛かるとATH-W1000の方が好みかも。

それにしても晴天の空や海を想像できるほど非常に鮮やかで、打楽器もリズム感よく聴いていて楽しめる。(ケツドラムじゃないおw)


ヴォーカルは、とても澄んでいるけど、W54SAステレオスピーカーですらOFFにする嫌いなDBEXとは当然違う鳴り方。
低音弱めなだけあって、とても聞き取りやすい(HFI-780と悩んだ)


オーケストラやクラシックはAH-D5000、アニソンや打ち込みはATH-W1000。
曲によっては、サウンドブラスターの独特な中高音の味付けみたいでマッチするw

よく言われる、アリプロやマクロスFのサントラなどが、W1000合うっていう理由が分かった。
一度聴いたら、W1000でどの曲がうまいか想像できるね。

MDR-EX90にBBEだけ1/10や、ATH-A2000XやATH-A900のサ行や高音が痛いと感じる自分でも、W1000は許容範囲内。


まともなヘッドホン2台目ってことで、D5000使っていて低音のキレと鮮やかさが欲しかったから、原音忠実性があまりないW1000選んだけど、どっちか一つならD5000選択かな。

散々既出だけど、
ローエンドまで伸びて重・低音の量感が欲しい=エージング100時間経過してもややボワつくし、レスポンスが悪いためスピード感にかけるが弦楽器が非常にうまい
ボーカルに艶が欲しい=もう少し中音主張してれば良かった
粗のない綺麗なハイハットが聴きたい=鮮やかさが足りない
ってことかなw

D5000や10proみたいに、何でも80点ぐらいは取れる万能なのは便利です。


KOKIAのボーカル多重録音のコーラス「いつか誰かを愛した時」とか、HD650うまいだろうなぁ。
ウォームで音に包まれる感じがというかw

10proが音の輪郭甘くしたのは、聴き疲れし難くするだけでなく、こういった表現力もできるようにするためかもしれない。


W1000は高音が美しいだけでなく、篭りがちな中音域が引っ込まずにハッキリ聴こえるから、微妙な表現力を要求されるボーカルやアコースティックな楽器なども納得できる音で楽しめる。

後は、装着感いいのに遮音性&音漏れ防止が良い。
まとめると、低音の貧弱さと上下の音場の狭さ以外は、デザインなども含め基本性能は優れているヘッドホンだ。

KOTOKOで好きな曲は、「覚えてていいよ」派なら満足するだろう。
昔みたいに4万以上するなら微妙だけど、3万ちょいで買える今なら、CP悪くはない。


ATH-W1000  35k~50k  エロい。A900よりもキンキンが少ないが多少耳につくかも
AH-D5000   48k~60k  非常に柔らかい音質。透明感もあり、ボーカルの艶も充分
Triple.fi 10Pro 40k~50k  3つのユニットによるバランスドアーマチュア方式で、音場が広い

エロゲしないけど、この3つ持っている自分はw

2009070355.jpg
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

Shira

Author:Shira
3770K CPU
560Ti GPU
RDT234WX 横液晶
U2713HM 縦液晶
DAC-1000 DAC
MSA-1S HPA
TH900 密閉型
HD800 開放型
NW-A867 DAP
MDR-EX1000 ダイナミックイヤホン
ATH-CKS1000 ドンシャリ用
GX-500HD アクティブスピーカー
SL-A251 サブウーファー
SH-06E スマートフォン ネット専用
N-01E 携帯電話 通話専用

Shira @ShiraBlog Twitter

ニコニコ動画 マイリスト

検索フォーム

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

QRコード

QR

全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。